WWWを検索 www.denden-town.or.jpを検索

大阪市長 殿

 

「日本橋3南歩道橋」撤去のお願い(案)

 

お願いの理由

 

1.高 齢化社会になってきた昨今、人間に歩道橋を通らせるという車優先政策から人間優先・弱者保護の方向へと政策を変更して頂きたく存じます。昭和453月に竣工し たこの歩道橋は設置から40年を経て、すでに当初の役割を終えたものと存じます。

 

2.堺 筋の東西商店街が歩道橋によって分断され、歩行者の回遊性が失われ、商店街としての機能が損なわれる状態を歩道橋撤去・スクランブル横断歩道の実現により 回復される事を切に希望するものです。

 

3.こ の歩道橋は大阪市立日本橋 小学校児童の通学路に指定されていますが、歩道橋上にホームレスが起居し汚物等が散乱する事も有り不衛生な場所となっています。また、歩道橋手すりの下半 分に半透明の目隠し板が取り付けられています。低学年児童が不審者にいたずらされても下からは分からず大変危険な場所となっています。以上の理由より通学 路としては相応しくなく撤去の上、スクランブル横断歩道とするのが児童の安全を図る為には良策かと存じます。

 

4.歩 道橋北側横断歩道の歩行者 用信号機は青の時間が短く、歩道橋を使用できない高齢者・障害者にとって大変危険な横断歩道となっています。また東より北へ右折する自動車が一つ北の信号 機が青だという事と歩道橋が有る事によって横断歩道の存在を失念するが如き運転の仕方をし、これまた大変危険な横断歩道となっています。従って、歩道橋を 撤去しスクランブル横断歩道とするのがベストの選択かと存じます。

 

5.歩 道橋脚部による見通しの悪さが事故につながる恐れも有り、また格好のゴミ捨て場となりやすく不潔で見苦しい状況を歩道橋撤去により改善出来ると存じます。

 

以上の 理由により地域住民・商店街連名にて撤去のお願いを申し出る次第です。

 

平成18***

日東連合振興町会    会 長 荒川正義

日本橋連合振興町会   会 長 寺下信男

日本橋筋商店街振興組合 理事長 榎本悦治

でんでんタウン協栄会  会 長 土井栄次
戻る

営利・非営利、個人・団体・企業問わ ず、当ホームページの画像、データなど掲載されているすべての情報において
いかなる場合においても無断で使用・転載することを認めておりません。


Copyright (C) Nipponbashi DENDEN Town All rights reserved.