wwwを検索 denden-town.or.jp を検
でんでんタウンの こんなの発見(6)


でんでんタウンでは年間を通じていろんなイベントを行っています。

例えば、ジョーシン1番館で9月13日(土)から15日(祝)の3日間
行われる「生活大応援!」では、定額の買い物をすると抽選で
ズワイガニを送ってきたり、サラダ油やお醤油やラーメンががもらえたり、
主婦に嬉しい、個店イベントが頻繁に開催されています。

街をあげての一番大きなイベントは、何と言っても、毎年3月の春分の日に
開催している「日本橋スト リートフェスタ」です。

このページでも今度詳しくご紹介しましょう。

それで、普段から各所で開催されるイベントに出かけて
見学し、勉強させてもらっています。

9月6日(土)は、大阪ドーム前千代崎港桟橋付近で
「川が結ぶ人とまち・三区物語」が開催されたので見学に行ってきました。
このイベントは、題名のとおり、大正区、浪速区、西区(50音順)が
共同で開催したもので、なかなかにぎわっていて、いいムードでした。

広報に掲載されていた三区物語の告知

なんばから、九条行きの市営バスに乗り、大正橋で降りました。
大阪ドームで野球などのイベントがある日は人出で一杯になる岩松橋、
から見ると、尻無川にかかる岩崎橋とJRの鉄橋が見えます。
イベントは尻無川河川広場側と、大阪ドーム南公園側との両岸で
開催されていました。


写真右側が大阪ドーム南公園側、左側が尻無川河川広場
正面は大正時代に、ドイツから技師と建築士を招いて
建設してもらったというリベット方式の鉄橋。
当時は日本に建設の技術がなかったという。


模擬店で、昼間っから顔が日焼け?目も日焼け!
楽しい会場でした。


たくさんの楽しい出店


大正区らしい、沖縄物産展


エール学園の留学生の皆さんも頑張ってます
今度、でんでんタウンのイベントも手伝ってね


「これはうまいよ」、浪速区連絡会おすみつきのお好み焼き。


ごちそうになったお好み焼き
ホント、おいしかったですよ。


地元の中学校のブラスバンド部の演奏です


熱心に大勢のお客様が聴きました
大きな拍手です!
広報の案内では道頓堀川の渡し船に乗れるというので
楽しみに行きましたが、残念ながら最終便が出た後でした。

でもこれが幸いして、地元のペーロン競争が見れました。
スタートの「よーい、ドン」はゴムボートからです。
ドンドンと太鼓をたたいて調子をとります。
女性が太鼓をたたいていたチームが勝ちました!
嬉しそうでした。
なかないいものを見せてもらいましたよ。

スタート直前のペーロン船。
後ろの鉄橋を、JRの「はるか」が渡ります。


スタートして、向こう、女性が太鼓をたたく方がリード


ドン!ドン!ドン!その後もスピードを落とさず


ゴール!「勝ったあ!!」大喜びのペーロンレース。


民間会社の渡し船が使われていました
船名は「どうとん」


もやいを渡す風景です


お疲れ様、船上でいろんな水都の
講座があったそうです



下船して、高度浄水水を試す人
「においがないですね」


ドーム南公園側ではフリマも開催されていました
楽しそうでした。
又、同日開催された、2mSSB同好会、「おいでやすなにわ大会」
には、全国から200名のアマチュア無線家が参加されました。
[2mSSB]というのは、波長が2mの電波、即ち144MHz帯の
SSBという電波形式を使って全国、また外国とも交信を楽しむ
という意味です。

まだ携帯電話が無かった頃、1979年に開催された第10回の大会には
500名以上の参加があったそうです。
その頃からアマチュア無線をやっていた人には「ツーメーター」という
響きが懐かしいですね。
4(よん)の52(ごーにい)とか、5(ご)の26(にーろく)とか
懐かしい響きです。グループでチャンネルをあらそって使っていた
144MHz帯交信の全盛時代です。

今年は第42回、全国の同好の士が集ってアマチュア談義に
花を咲かせたようです。


弁天町のホテル大阪ベイタワーで開催されたこのイベントに、
でんでんタウンとくとくマップと、でんでんタウンのアマチュア無線
取扱店が紹介された、第4回日本橋ストリートフェスタのガイドブックを
200部お届けして喜んでいただきました。

おかげさまででんでんタウンでも大会に参加された方々の
買い物姿をお見受けしました。

アマチュア無線のお話はまた今度ゆっくりさせて下さい。
車から海外と交信した様子などお話しますね。

第10回が開催された1979年当時の写真


お届けしたでんでんタウンとくとくマップ
普段は日本橋4丁目の「日本橋総合案内所」 でもらえる。
総合案内所電話:06−6655−1717
ここで、今までのクイズの正解を申し上げましょう。

(1)まず、このコーナーの第2回目の「ディスクピアの鉄道DVD、
ポチの鉄道模型」の中の、なにわの日の、アマチュア無線街頭公開運用
中の、下の写真に半分だけ写っている真空管式トランシーバーの
型番です。

正解はヤエス無線(当時)のFT101ESです。


FT101ESの送信部終段の増幅用真空管6JS6


(2)続いて、このコーナー、第5回「とれとれ市、レンタルショーケース
番外編:防災訓練見学記」でご紹介した、このキャラクター名は?
正解は、日本防災士会の「ボウサイ」君です。
なるほど、かわいい「サイ」なんだあ!

日本防災士会の「ボウサイ」 君。



当日展示、デモを行ったリグ(アマチュア無線機器)
左がFT101ES、全バンド受信OKの現役、
手前下がアイコムのIC729B、免許の無い人でも触れるよう
送信部カットの受信専用機に改造してある。
(改造証明書つき)

その上が同じくアイコムのIC706MKUG
こちらはバリバリの現役機。
移動運用が可能なように100W機を50Wに改造済。
国内はもとより、海外とも交信を行っている。
FT101ESの上に乗っているのはSWR&パワー計。
クロスメーターだ。


FT101ESを覗いているのはJE3RZT野添OM。
OMとはオールドマン=先輩の意味のアマチュア無線用語です。
FT101ES手前金色が電源トランス、奥メタルパンチ
の中に送信用真空管6JS6が2本入っている。
その左後ろに飛び出しているのが冷却ファン。

9月6日(土)午後、
でんでんタウンに戻って私の足を止めたのが、ディーン・マーティン
の中古CD、500円だった。
早速ゲット。
日本橋にはちょっと足が止まるグッズが一杯だ。
500円なら衝動買いをしても、明日からの昼食代にも
あまりひびかないだろう。
こういう掘り出し物は、見つけたときが出遭いだ、なんて
どっかで聞いた勝手な利己解釈を結びつける。


中古CD、中古レコード店が数多くあるでんでんタウン


有名な映画リオ・ブラボーに保安官助手役で
ジョンウェインと共演もした、ディーン・マーティンのCDとの出遭い。
EVERYBODY LOVES SOMEBODY♪ 何度聴いても癒されるなあ♪
少し歩くと、以前4丁目の総合案内所に訪ねてきたお客様が
探しておられた、ねこのいる喫茶店を見つけた。

ネコが好きでも飼えない事情の人などが、たっぷりネコを
なでることができる、というお店だ。


入ってみたかったが、仕事の待ち合わせの時間が迫っていたので
また今度。 若い人を誘って行ってみよう。








今回も他地区のイベントの紹介をしましたが、
次回も続いてイベント見学記をご紹介の予定です。
良いことはどんどん取り入れる意欲のあるでんでんタウンです。
では、皆様、また、次回に。    吉谷


どこかの新聞に「オタロード」という言葉が載ってから
通称「オタロード」になってしまった、日本橋3−6付近。
子供連れのお客様が多いのが嬉しい。


日本橋3−6付近のソフマップザウルス2
ついつい長居をしてしまう多層階の店だ。


付近では、コンビにでもキャラクターグッズが販売されている


キャラクターグッズ専門店
意外と安い(100円〜980円)ものが多い
店員の詳しいお兄さんが展示品を丁寧に梱包していました。

戻る



営利・非営利、個人・団体・企業問わ ず、当ホームページの画像、データなど掲載されているすべての情報において
いかなる場合においても無断で使用・転載することを認めておりません。


Copyright (C) Nipponbashi DENDEN Town All rights reserved.