wwwを検索 denden-town.or.jp を検
でんでんタウンの こんなの発見(11)
10月に入り、景色もファッションも秋らしくなりましたね。

10月はイベントが多いのですが、いろいろご紹介したいと思います。

10月3日、4日、5日に東京国際フォーラム(東京駅から徒歩5分)で
「2008インターナショナルオーディオショウ」が開催されたました。
でんでんタウンのNASA(日本橋オーディオショップアソシエイション)
から取材に行ってきましたのでご紹介します。





会場には28の国内外のオーディオメーカーや輸入商社が展示、実演を
各部屋に分かれて行っていました。
勿論、それぞれご自慢のアンプやスピーカーシステムを持ち込んでいます。
中には試作品でまだ世に出ていない製品もありました。

半円形のガラス張りの見本市などにピッタリの展示ブースが並ぶ
東京国際フォーラムという建物の、4階から7階までの4フロアの
各部屋でそれぞれ展示実演を行うかたちです。
演奏中の部屋の扉は閉まっているのでそーっと開けて入ります。

いろんなメーカーの新製品が並んでいてクラシックあり、ジャズあり、
ポピュラーありでガンガン鳴らしています。
どの部屋も満員です。
特に超満員だったのは、株式会社リンジャパンのブース、
菅原正二さんのオーディオ談議の部屋でした。

菅原正二さんは、カウントベイシーの大家と言われ、岩手県一関市で
ベイシーというジャズ喫茶を経営しておられますが、訪れる人が
絶えないので、そのためずーっとレコードをかけておられる、という方です。

ご自慢のアナログレコードをご持参で、いろいろ聞かせていただきました。
スピーカーシステムはペアで700万円を超えるKLIMAX350A、
CDプレーヤーやアンプもAKURATEの300万円クラス!

最新のデジタル機とアナログが融合します。
菅原正二さんのジャズ喫茶「ベイシー」では定期的に
ナベサダさんが訪れて演奏をされるそうです。
乗ってくると菅原さんもドラムをたたかれるそうです。

そんな菅原さんはとっても気さくで笑顔の素晴らしい方でした。
「会った時ね、彼91歳になるんだけど、いまだに毎日4,5時間
練習するんだって言ってた、すごいねえ、初めてのミスティ録音の時、
納得いくまで9回も自分からやり直しさせたそうなんだよ」とハンクジョーンズを絶賛
しておられました。
そんなオーデイオ談議を聞かせてくれた菅原さんが最後に選ばれた曲は
ルイアームストロングのムーンリバーでした。

素晴らしかった!!!
皆さん、来年も会いましょうと仰ってました。
菅原さんのオーディオ談議をまた是非聞いてみたいものです。
















全ブースを約3時間で回りました。
撮影した写真をご紹介します。

 











































いろいろ試聴したが、Accuphaseの新製品フォノイコライザーアンプ
C−27のCM用だったが、JBLのDD66000を
M-60002台でドライブする上記のシステムがさすがによかった。

又、右下の写真のTS8000を聞かせてくれたJBLコーナーでも
心が落ち着いた。
今回全般的にデジタルっぽい、高域が細くて強い音が多ように
感じたが、やっぱり、歯切れがよく、心の落ち着く音がいい。

以上、2008東京インターナショナルオーディオショウでした。

高級オーディオの試聴はでんでんタウンのオーディオショップでも
十分楽しめます。
 総額200万円の賞品が当たる!!
大阪では、11月8日(土)〜9日(日)に
ハートンホテル心斎橋別館とハートンホテル南船場で
第18回オーディオセッションinOSAKA2008を開催します!!
入場無料で、NASA賞1等10000円のお買い物券など
今年は何と総額200万円の賞品が当たります!!
日本橋と会場を結ぶシャトルバスも用意しています。

詳細は、Joshin日本橋1ばん館4階 06−6634−2111、
      コイケデンキ 06−6641−2587
      サウンドパル共電社 06−6631−3851
      シマムセン 06−6632−2851
      ナニワ電業社 06−6644−0728
      喜多商店 06−6631−5315  へお問い合わせ下さい。

それでは、皆様、また次回。
次回は神戸のジャズストリート、ミナミあっちこっちラリーなどです。
お楽しみに! 吉谷









































JBL TS8000

戻る


営利・非営利、個人・団体・企業問わ ず、当ホームページの画像、データなど掲載されているすべての情報において
いかなる場合においても無断で使用・転載することを認めておりません。


Copyright (C) Nipponbashi DENDEN Town All rights reserved.